自作無線機の紹介

私(JO2ASQ)がこれまで自作した無線機(リグ)の紹介です。プリント基板では成功率が低いので(Hi)、ベタアースに4つ目基板を載せる方式で組んでいます。ここに至るまで、数台の「ボツ作品」も存在します。

1. 50MHz CW 0.2Wトランシーバー

1997年に製作した最初の自作機です。送信部は2SC1906+2SK241+2SC2053の3段構成です。回路は高田継男著「ゼロからつくるアマチュア無線局」(CQ出版社)を参考にしました。ただし、送信出力を検出してサイドトーンを鳴らす回路を付加してあります。当時は50MHzで運用した経験が無かったので、無事に交信ができた時の感動は格別のものがありました。

ケースは「パッチン錠」を取り付けて、工具を使わないで開けられるようにしました。これは便利です。当初、単3電池6本または8本を内蔵する予定でしたので、シャーシが少し大きめです。

(回路図を執筆中です。)

50cwrig 50cwdiagram

2. 10MHz CW 1Wトランシーバー

1999年に製作した2台目の自作機です。当時、HFで移動運用できるリグは、ミズホのピコシリーズなどいくつか市場にありましたが、10MHzのリグは見なかったので、自作してみました。回路の構成は前作とほぼ同じで、次の点がバージョンアップしています。

季節を問わず、1Wで北海道や九州、そして韓国あたりから応答があるのは、なかなか快感です。

10cwrig 10cwrig

3. 50MHz AM 0.1Wトランシーバー

2005年に製作しました。完成したのが9月でEスポシーズンは終わってしまいました Hi。LM386Nを送信時はマイク入力の増幅、受信時には低周波増幅で兼用している他は、送信と受信を別々の回路にしている構成です。送信は2SC1906VXO+2SC1906ファイナル+LM386N終段コレクタ変調、受信は3SK73中間周波変換+MC1350P+検波+LM386Nの構成です。受信のIFは455kHzです。これぞAMトランシーバーといったところでしょうか。

写真の通り、幅100mm、奥行150mmの超小型です。最適配置になるよう、実体図を何回も書き直しました。ハンディートランシーバー型にすればさらに良かったです。

50cwrig 50cwkiban

4. 50MHz SSB 1Wトランシーバー

現在、製作中(工作はほとんど終わったので「調整中」かも)です。JF1OZLが製作した21MHzトランシーバーの50MHz版です。

5. 7MHz CW 10Wトランシーバー

50MHzの自作機ですと、どうしても使える時期・交信対象に限りがあります。そこで、アマチュアバンドの中でも最も交信できる局数が多いと思われる、7MHz CWを自作してみることに決めました。現在、全交信局数に対する自作リグ使用の割合は、2〜3%にも満たないと思われます。7MHz CWに自作リグで出れば、その割合は50%以上になりそうです。

固定局で出ていた頃はアンテナが短縮ダイポール、L型GPだったため、コンディション次第ではナローフィルターが無くても何とかなりました。しかし移動運用を始めて、フルサイズのダイポールアンテナを使うことが当たり前になると、500Hzのナローフィルターでも物足りなさを感じていました。無線機屋に行けば、DSP搭載の、フィルター性能の優れた機械がたくさん市販されていますが、このように「目的がはっきりしている時」ほど自作の威力が発揮できるのではないかと思い、自作に踏み切りました。

回路はおなじみのJF1OZLの作品を基本に、ファイナルにミズホ通信ピコシリーズのリニアアンプの回路を流用して、12Vで10Wの出力が出せるようにしています。12Vの10W出力は結構難しく、ファイナルの製作だけで丸1日かかりました。これからセミブレークイン、サイドトーン、波形立上り・立下り時定数調整などの回路を組み込んでいきます。フィルターの帯域は300Hzを目標にしています。ざっと測定した感じでは200Hzも無いように思えます。あとは実際に運用してみないと分かりません。

10W出力の技術を確立したら、他のバンドのSSBトランシーバーを製作してみたいです。

7cwpanel 7cwtrx
出力測定中。ピッタリ10ワット。

6. 1200MHz CW/DSBトランシーバー

トロイダル・コア活用百科」(1983年版)という本に1200MHzダイレクト・コンバージョントランシーバーの事が少しだけ触れられています。そこで50MHzや10MHzの CWトランシーバーと同じ要領で、1200MHzも作りたいと考えていました。しかし、1200MHzの発振や増幅をどのような回路にするかが全く分からず、5〜6年ほど手付かずのままでした(途中、無線から離れた時期もありましたし Hi)。

ところが最近(2006年末)、

と条件が出揃い、1200MHz CW/DSBトランシーバーを自作したいと考えるようになりました。DDSと呼ばれる発振器を使って12.94MHzを発振させて、5×5×2×2逓倍すれば1200MHz CWトランシーバーができるというアイデアです。DDSを自分でプログラムするか、既製品を買うのか、1200MHzの増幅回路、フィルタなどどのように作るか、現在のところ調査中です。

もちろん、成功したら2400MHz&upのモノバンド・CWトランシーバーに着手するつもりです Hi


このページの内容に関するご質問、ご意見等を歓迎します。
・−−− −−− ・・−−− ・− ・・・ −−・−
清水祐樹 JO2ASQ(mail

[JO2ASQ]