7〜50MHz 8バンドホイップアンテナ

移動運用で7〜50MHzを運用する場合、その大部分は長さ2.5mの釣竿にM型コネクタとタップ可変式コイルを取り付けた自作ホイップアンテナを使っています。使用時は竿を伸ばしてモービルアンテナ基台に差し込むだけ、わずか1分でQRV可能です。

細くて目立たないので、混雑している場所でも周囲に迷惑をかけることはありません。このアンテナが原因で職質を受けたことは一度もありません。

非常に軽く、マグネット基台を使えばレンタカーでも使用可能です。メーカー製のコイル可変式マルチバンドアンテナは重くて固定が難しいため、このような使い方に向きません。

付けたままで高速走行可能な強度はありません。駐車場の中で少し場所を変える、といった程度なら可能です。

以下、自作の方法を説明します。製作費は約3,000円でした。(実際には工具・測定器など、それなりのモノが必要)

7WHIP2

図1: 全体図(クリックで拡大)

7WHIP

図2: コイル部分拡大

RENTACARANT

図3: レンタカーによる運用例

エレメント・コイルのデータ

MULTI_WHIP

釣竿は全長270cmのグラスファイバー製・万能硬調竿です。1,000円以下で入手できます。石突き(根元部分)のネジを外すと、穂先部分を抜き取ることができます。後述するM型コネクタの取り付けに使うため、石突きの内径を確認しておきます。

エレメントは0.75mm2のビニル線(いわゆるACコード)です。末端部分は圧着端子を取り付け、さらに芯線部分が折れないように熱収縮チューブで補強しています。

コイルは全て外径20mmのアクリルパイプに0.3mm2(外径約2mm)のビニル線を密着巻きにしたものです。7MHz用のコイルの一部だけ、0.2mm2のビニル線にしています。タップ部分はアクリルパイプに穴を開けてパイプの内側からビスを通し、そこに2枚の卵ラグをナット締めしたものです。移動運用ではナットが緩みやすいので、スプリングワッシャーを入れるとよいでしょう。

みの虫クリップ(ニッケルめっき?)は、雨に濡れると錆びやすいので、金メッキの製品を使っています。

コイルの巻数データ

50MHzで使う場合は、コイルを無し(28MHzと同じ設定)にして、エレメントの途中にあるギボシを切り離します。ギボシの保持には、鉢底ネット(植木鉢の底から土の流出を防ぐプラスチック製の網、100円ショップで入手)を切った物を使っています。

28MHz(コイル無し、1/4λ)の設定では、24MHzでも十分にSWRが低く、そのまま使えることがあります。

釣竿とM型コネクタの接続方法

コネクタMP-10DFBの同軸ケーブルを差し込む部分の内径は14mmです。の釣竿の根元のキャップを外すと、内径は14mmで、偶然に一致しました。そこで、コネクタと釣竿に外径14mmのアルミパイプをはめ込んで接続します。

14mmのアルミパイプは一般には入手困難です。(入手先:北名古屋市の八幡ねじなど、1本売り不可?) 2005年頃にダイソーで「アルミ丸パイプ シルバー」として外径12mm、14mm、16mmが売られており、その時に買い占めたものを使いました。

  1. 外径14mmのアルミパイプを約5cmの長さに切断し、MP-10DFBのハンダ穴の位置に下穴を開けておきます。
  2. アルミパイプをMP-10DFBに差し込み、ハンダ穴から2mmの小さなネジを締め付けて、アルミパイプが抜けないよう固定します。
  3. ハンダ穴をハンダでふさぎ、はみ出た部分を削ります。アルミパイプにビニル線が通る穴を開けます。釣竿の根元部分に入るよう、アルミパイプを少し削ります。
  4. アルミパイプにMP-10DFBの逆ネジを通し、ビニル線をアルミパイプの穴に通してコネクタの芯線部分にハンダ付けします。釣竿とアルミパイプに貫通するように穴を開け、3mmタッピングビスで固定します。最後にコネクタの外ネジをはめ込んで完成です。

TSURIZAO-MP

図4:M型コネクタと釣竿の接続方法

MP-CONNECTOR

図5:M型コネクタを釣竿に接続したところ

製作と調整方法

まず、50MHzのギボシを取り付けます。給電点からの長さは 1/4波長×短縮率 にほぼ一致すると思います。28MHzも同様です。28MHzでのエレメントの長さは258cmです。

ワイヤーの長さが決まったら、竿の先端にワイヤーを取り付けます。竿の先端は ゴム系接着剤+熱収縮チューブ+インシュロックタイ の3重構造で固定しています。竿の先端の余った部分は切り取ります。先端が折れないように、先端の数cmにピアノ線を埋め込んでいます。

その後、24MHzから順に巻き数を実測で決めて、コイルのビニル線をタップ部分の卵ラグにハンダ付けします。

GIBOSI

図6:このアンテナに使っている50MHz切り離し用のギボシ端子と同種のもの。黒い網状の物が鉢底ネット。

運用時の微調整方法

7/10MHzでは、設置環境により共振周波数が変動しやすいため、コイルのインダクタンスを微調整する必要があります。その調整に道具は不要です。

  1. レンタカー移動などでアースが不足している場合、共振周波数が上がるので、コイルの巻数を増やす(またはエレメントを延長する)ことで補正します。その場合、みの虫クリップを接続しているコードを、コイルの上からコイルと同方向に巻きつけることで、共振周波数を下げることができます。コイルとコードの密着度や、巻く位置によっても微調整ができます。
  2. 周辺に伸縮ポールなど金属製の物体がある場合、共振周波数が下がるので、コイルの巻数を減らす(またはエレメントを短縮する)ことで補正します。その場合、みの虫クリップを接続しているコードを、コイルの上からコイルと逆方向に巻きつけることで、共振周波数を上げることができます。

※この調整方法は筆者のオリジナルです。

簡易アンテナチューナー

7/10MHzでは、コイルを巻いただけでは給電点インピーダンスが50Ωよりもかなり高く、SWRが概ね2以下には下がらなくなります。そこで、簡易型のアンテナチューナーを自作して使っています。アンテナ側のコイルの巻数が適正であれば、150〜300pFのコンデンサを並列にするだけでSWRが下がります。

このチューナーの整合範囲は狭いので、共振する範囲から外れた任意長のワイヤーにマッチングする能力はありません。リグ内蔵のアンテナチューナー等が使えるのであれば、それを使っても構いません。

マッチングが不要な場合は、スイッチを中点OFF、コイルの巻数をゼロに合わせます。

COUPLER

図7:簡易アンテナチューナーの配線図

COUPLER

図8:簡易アンテナチューナーの外観

注: バリコン300pFと書かれているものは、150pFの高耐圧バリコンと並列に、150pF 2kVのコンデンサをスイッチで並列に接続するようにしてあります。また、RIG側のM型コネクタは2個装備し、6Pのトグルスイッチで切り替えています(使用していない側の芯線はアースに落とす)。

レンタカー対応

レンタカーで運用する場合、あるいはモービルアンテナ基台が使えない車の場合、マグネット基台を使って車の屋根に取り付けます。強風の場合は、マグネット基台を養生テープで車のボディに貼り付け、竿の中間部からロープでステーを取ります。なお、レンタカーの場合、強風でアンテナが倒れると、タップ部分のビス等で車を傷つける可能性があるため、養生テープで防護するなどの対策が必要です。

アースは20×30cm、厚さ1mmのアルミ板の一端に大型のバッテリークリップ(M型コネクタを丸ごと挟める特大のワニ口クリップ)を取り付けたものを車の屋根に置いただけです。7MHz以上では、この大きさで十分に動作します。

車のボディーアース以外(ベランダの手すり、カウンターポイズ等)でも使用できると思われます。ただし実測データは用意していません。

1.9/3.5MHz対応

10mホイップアンテナを参照してください。

特に1.9MHzでは回り込みが発生しやすく、リグに触ると感電したり、キーヤーが暴走したりします。その場合、3mくらいのワニグチクリップコードで、リグのアース端子と、車のボティ底部の鉄骨(塗装の無い部分。運転席か助手席の下の、ジャッキを当てる凹凸の付近が良い。)を接続すると、ピタリと止まります。ワニグチクリップコードが無い場合、適当なビニル線、園芸用アルミ針金の細いもの、バッテリー上がり用のブースターケーブルで代用可能です。


清水祐樹 JO2ASQ(mail

[JO2ASQ]